--------------------

 


 


東の入口の北よりにある地元の方がお祈りに訪れる仏塔。
--------------------------
The stupa on the eastern side of Angkor Wat, constructed in the early 18th century CE. Here you can see members of a family from Siem Reap paying homage to their ancestors in the stupa.

text https://alisonincambodia.wordpress.com


観光客は主に西側、南側に集中するので、東・北はこのころは静かだった。


シンハ(simha)





 外周壁はラテライト。歩いていると塀を乗り越えて猿が集まってくる。


 内側からみた環濠、対岸の石垣がかなり崩れている。


* * * * * * * * * * * * * * * * *
 プノンバケンから見た、アンコール・ワット

 プノン・バケンの中央からみると、アンコールワットの中央塔と北西塔は重なって見えます。
※写真は北よりから撮っているので少しずれています。

 計画・設計の段階で、プノン・バケンの中央が基点として中央祠堂から見て、南東:コンパスで言うと135° の延長線上にアンコールワットの中心を置いたことになります。

 アンコール・ワットを建立するにあたって、プノン・バケンとこの角度はなにか、意味があったでしょうか。

 南東の方位神は、アグニですが。
リグ・ヴェーダの賛歌に、アグニをさして「・・・あなたは崇敬さるべき、闊歩するヴィシュヌ・・」(wikipedia)とあるそうです。三界を闊歩するヴィシュヌは太陽です。火の神アグニは天上においては太陽とも言われているそうです。

 アンコールワットはビシュヌ神に捧げられた寺院と言われていますから、プノンバケンを中心として、ビシュヌ神の方位にアンコールワットが置かれたと言うことは無い でしょうか・・・。 妄想です。

PageTop